Home>会社案内>沿革

沿革

2003年4月
(平成15年)
  1. (株)幸袋テクノ社員数38名でスタート
    破砕機とその周辺電気関連機器に事業を特化
  2. 新基幹システム『ProActive』導入
2004年
(平成16年)
  1. 高粘性・高水分原料ふるい分け機『ドラムロッドスクリーン』開発・販売開始、及び同トレーラ(タイヤ)式ユニットによるキャラバン開始
  2. 新産業等創造基金による再生骨材設備開発開始(2007年度完了)
2005年
(平成17年)
  1. スキッド式『ドラムロッドスクリーン』ユニット開発・販売開始
  2. 『2005New環境展』にドラムロッドスクリーン“S”出展
2006年
(平成18年)
  1. 大塊・大量処理用ハルドパクト『F10』開発・販売開始
  2. 『2006New環境展』にハルドパクト『F10』、アルミ選別機出展
  3. 大塊・大量残土処理用スクリーン『アイラス』開発・販売開始

★社員数40名

2007年
(平成19年)
  1. メンテナンス性向上ハルドパクト『3S』開発・販売開始
  2. 『2007New環境展』にハルドパクト『3S』、アルミ選別機、ユニット式ドラムロッドスクリーン出展
  3. 代表取締役社長が交代

★社員数42名

2008年
(平成20年)
  1. クローラ式『ドラムロッドスクリーン』開発
  2. 『2008New環境展』にハルドパクト『3S』、アルミ選別機、クローラ式ドラムロッドスクリーン出展

★社員数44名

2009年
(平成21年)
  1. 『2009New環境展』に超弩級ハルドパクト『200/210』、ミニハルド『60/35』、クローラ式ドラムロッドスクリーン出展

★社員数46名

2010年
(平成22年)
  1. グループ制を部課制に変更。新たに電気単体設計発足
  2. 『2010New環境展』にアルミ選別機、ハンマロータハルド『60/35』、ドラムロッドスクリーン出展
  3. 永久磁石式リフティングマグネッ 販売開始
  4. 将来構想KOBUKURO-VISION2040の取組み開始

★社員数46名

2011年
(平成23年)
  1. KOBUKURO-VISION2015スタート
  2. 『2011New環境展』にアルミ選別機、ハンマロータハルド『60/35』、ドラムロッドスクリーン出展
  3. 高感度金属片検出機販売開始、高磁力金属片除去機販売開始
  4. 細目篩ドラムロッドスクリーン開発、販売開始

★社員数47名

2012年
(平成24年)
  1. 『2012New環境展』にクローラ式ドラムロッドスクリーン出展
2013年
(平成25年)
  1. 『2013New環境展』にアイラスフィーダ、ウィンドセパレータ、円盤式マグネットセパレータ出展
2014年
(平成26年)
  1. 『2014New環境展』にビン破砕機、手押し式マグネットセパレータ出展
  2. 東京支店が浅草橋から神田小川町へ移転
  3. 代表取締役社長が交代
2015年
(平成27年)
  1. 『2015New環境展』にビット式破砕機、3Dプリンターによるハルドパクト3S、アイラスフィーダおよびドラムロッドスクリーン出展
  2. 電気・システム部でも品質保証の国際規格「ISO9001」の認証を取得
  3. 大阪支店が中央区瓦町から中央区久太郎町へ移転

★社員数50名

2016年
(平成28年)
  1. 『2016New環境展』にドラムロッドスクリーン、アイラススクリーン他を出展
  2. 代表取締役社長が交代
2017年
(平成29年)
  1. 組織改正を実施
  2. 破砕・環境機械部門にて品質マネジメトシステム ISO9001:2015年版認証取得
2018年
(平成30年)
  1. 『2018New環境展』に異物ステーションⅣ、ドラムロッドスクリーン、アルミセパレータ及びプラント遠隔監視システムを出展
  2. 電気・システム部にて品質マネジメトシステム ISO9001:2015年版認証取得
2019年
(平成31年・令和元年)
  1. 破砕・環境機械部門及び電気・システム部門のISO統合を実施

★社員数53名

2021年
(令和3年)
  1. SDGs(持続可能な開発目標)への取り組み

Page Top