製品一覧会社案内組織図アクセスお問合せ採用情報(新卒)採用情報(中途)


混 合 機

混合・攪拌・解砕の3つの能力をもつ発生土改良コアマシン。

幸袋テクノの新型混合機は優れた混合・攪拌・解砕能力をあわせもった混合機です。
 
従来の建設残土の改良では、生石灰を混入し、パドル式ミキサーで混合していました。また攪拌も十分ではなく、この時、水分が飛ぶため残土同士がかたまり解砕のための設備が別に必要でした。この三つの行程を一つの機械で実現したのが、幸袋テクノの混合機です。これまでの混合機で避けられなかった混合内部への居付きの問題もクリア。解砕混合能力の低下を防いでいます。幸袋テクノの持つ破砕機の技術が混合、攪拌、解砕を同時に実現します。
 
建設残土処理フロー例
 



建設残土用混合機の特徴
■残土と生石灰の混合、攪拌、解砕を1台で効率よく行ないます。
メインロータ、サブロータ、反撥ロータの3ロータシステムを採用。各ロータは、それぞれの駆動装置によって作動。原料の性状により回転数を変化させ、効率よく残土と生石灰の混合、攪拌、解砕を同時に行います。また、塊状の石も最大100mmまで投入することができます。
 
■反撥ロータの採用により、反撥装置への居付きを防止します。
反撥装置をピンで自由支持(片側のみピンで支持され、振り子のように動きます)した反撥棒で構成。これを低速で回転させることにより、メインロータで打撃された残土の解砕を行いつつ、解砕効率の低下を招く反撥装置への残土の居付きを防いでいます。
 
■ケーシング内部への居付き防止機構つき。
ケーシング内部には片側固定(ノレン式)のゴムライナを採用し、残土の付着を防止します。また、ボルトによる取付けで交換も簡単です。
 
■ケーシングを分割開閉方式としてメンテナンスが良好。
ケーシングを各ロータ部分で3分割とし、各ロータを露出できるような開閉機構板及び反撥ロータの反撥棒の交換が容易に行なえます。
 
■30%の水分を含んだ残土の改良まで対応。
 
■低振動・低騒音
反撥ロータの反撥棒の重心移動が原因で生じる振動を独自のマジカルスティック機構によって、大幅に低減します。
 

メインハンマー
 
サブロータとサブハンマー
 
反揆棒
 
処理前
 
処理後
 

 

 
寸法
(単位mm)
型式
MD−30
1770
1437
1450
800
500
300
MD50
1770
1677
1450
1040
740
300
MD80
2170
1797
1650
1160
860
400
↑上記寸法は多少変更することがあります。

 

仕様

型式
MD−20
MD−30
MD−50
MD−80
処理能力
10〜30m3/h
30〜50m3/h
50〜80m3/h
80〜120m3/h
対象原料名
残土
残土
残土
残土
最大投入塊
100mm
100mm
100mm
100mm
 
メイン
ロータ
サブロータ 反揆ロータ
メイン
ロータ
サブロータ
反揆ロータ
メイン
ロータ
サブロータ
反揆ロータ
メイン
ロータ
サブロータ
反揆ロータ
ロータ径
φ450 φ500 -
φ500
φ550
-
φ600
φ650
-
φ750
φ800
-

動力kW

11 7.5 1.5
22
15
1.5
30
18.5
1.5
45
30
2.2
重量
2300kg
2600kg
3500kg
6400kg




  ソイルリサイクル車 平成12年度日本ガス協会技術賞受賞


機動性ある4トン車に設備を一式集約。



工事現場の掘削残土をその場で改良処理し、埋め戻すことができます。
 
建設工事や上下水道、電気、ガス工事などで発生する残土処理が社会的な問題になっています。不法投棄や処分地確保の問題などから掘削残土を資源として有効利用することが早急に求められています。幸袋テクノが開発したソイルリサイクル車は、4トン車1台に残土処理するためのすべての機能を集約。その画期的なコンパクト化と、優れた処理能力は工事現場における掘削残土の埋め戻し、減容に大きく貢献します。残土処理プラントの数多くの納入実績を活かした極めて効果的な新しいリサイクル・システムを提案します。
 
【ソイルリサイクル車の特徴】
1.4トン車1台に残土処理機能を全て搭載。(普通免許で運転可)
2.ロールスクリーンによる効率的な異物除去で残土の前処理が不要。
3.混合・攪拌・解砕を同時に効率良く行う新型混合機。(100mm塊まで対応)
4.残土含水率30%まで対応。
5.現場でのセットアップは、短時間で可能。(約30分)
6.低騒音・低振動で稼動。
7.保守管理が容易。
8.抜群のコストパフォーマンス。
 
 
標準仕様
処理能力 最大20 m3/h
投入ホッパ 1800×1275×450mm(0.25m3バックホー投入対応)
ロールスクリーン 有効面積 565×1380mm 2.2kw
原料ホッパ 0.25m3(有効)
原料ベルトコンベヤ ベルト巾 500mm
モータ 0.75kw
石灰フィーダ 有効容量 400kg モータ 0.4kw
混合機 メインロータ:モータ 7.5kw
サブロータ:モータ 5.5kw
反撥ロータ:モータ 0.75kw
排出ベルトコンベヤ ベルト巾 500mm
モータ 1.0kw
振動スクリーン 510×1200mm
モータ 0.6kw×2台
製品ベルトコンベヤ ベルト巾 400mm
モータ 1.0kw
発電機 25KVA

構造図